来た来た

銃の金箔 貼り付けまで来マシタ 何事も起こらなければ あとチョットです。
画像


いや~。ここまで来ると、自分が”金ぴかの銃”にどういうイメージ持って作っているか?が見えてきますね。

「何も考えてない と・・・。

金って色は周りの景色とか考えず単純に単品レンダすると「黄土色」になってしまう 頭の痛い材質デス。
金や銀は反射率が高い材質なので金の「色」ってのは景色が映りこんだグラデーション込みで「金の色」いうイメージが完成する面白い「色」でもあるんですね~確かカガミに使う反射材は化合物でなかったっけ?

景色まで作るんかぃ

・・・しかし、横着モノというヤツは「適当にそれっぽく見えたらイイじゃん」と妥協するモノです

まあ つまるトコロ、
「何も考えずに 希望 だけ持って作ってた」(自分まで観客席側に座ってた)ってなコトに気が付かされるワケですな

まだまだ自分でも完成イメージが分かってマセン。この先どーなるでしょ? ってなことが言いたかったワケです。



でも、ここまで来ると 「持たせてみたい」気持ちで先に進めてしまいます。
画像

画像

う~ん。pp化するのがチョット怖い
(「没」の宣告が出そうで・・・)

この記事へのコメント