微速前進

さて、「装着形態」に作業が移って参りました。
「収納形態」から持って来れるデータを移植したトコです。
しかし ほとんど かまってあげられていない今週です。
画像


特にコメントを投稿するほどの進捗でないンでないの?って話ですが、

・・・まあ、いちおう。


でも、サイズ比較用の人形さんにセーラー着せる余裕はあるんだ



さて、この前作った「収納形態」から「装着形態」へ顔とミミを移植(コピー)しました。
当然ながらというか、普通に考えて「?」と思う点でスケール違います。
よくある よくある

これから、前回までに だべっていた通り 手首周りから作りこんでいきます。
今の時点で「おや?」と思っていることに 左右別々なんだ。
(そりゃそうだ)




(駄文)
また、喪中ハガキの季節です。
そういえば、去年 お亡くなりになったシトが生き返る コトを示唆した物語や怪談やらって世界中にあるな。いう話をした記憶があるですが、その時はヨーロッパは思い当たらないな。緯度 高くて寒いからかな?思ってたデス。

ところが、ネット徘徊してるとネタは出てくるみたいで、、、
2. ポーランド流 “吸血鬼” 埋葬法
 1600~1700年代におけるポーランドでは、複数の人々が鎌で首をひっかけられたり顎の下に楔を打ちつけられた状態で埋葬されていた。

あ。ドラキュラって そういう民間風習を物語化してるんか。と、ポーランドって結構 緯度 高いのに生き返ってくる可能性を示唆する埋葬方法があったゆう話で唸(うな)ってしまったデスヨ。

てっきりドラキュラと言えばトルコとハンガリー近辺の辺りでドラキュラ伯爵の串刺し伝説が起源という話しか知らんかったノデ、色々と地元の伝承が合体吸収してイメージが出来上がっておるな~。と関心もした

・・・。
・心臓に杭を打つのは、まあ、あるだろうデスね~
・太陽に当たると溶けるのは、なんだ??

生き返ってきたシトって太陽の光、嫌うのかな?

この記事へのコメント