幻の…と、思いきや

予告通り 手首周りから攻めて行っております。
このあたりの部品は1つ1つを見ると単純なのでボチボチ追加していけば気持ちはラクです。(アトがキツイんじゃないだろうか?という事を考えなければ
画像


1週抜けたですカネ。それ以上 覚えていませんが…

年末に入る”カモ”と言われていた案件が見事に年越ししましたので、安心して 風邪を治すために寝込む事もできて ボチボチ年内に復帰できましたデスヨ

現在 風邪も収まり、年末のドタバタも 残すトコ 大掃除 のみとなり、こちらにも手を付ける余裕が出てきたトコです。
年始年末を布団被って過ごさずに済んだカモ。

MOD は装着形態の作業手順の確認が終わったので、とりあえず 手首周りは GO! 何もウレぇず 最速で 突っ走ってル最中デス
行けるトコまでイケェ


コブシとの接続は現時点でも問題出てますガ

(ま~手甲のトコ どう削るかマダ決めてないし、指の問題もあるデスからね~
今 ナヤまない方がヨイ

年始年末は実家で「姪っ子の子守り」と予定は決まっておるデスが、まぁボチボチですヨ。




表題に話が変わります。
チョット前から気にしてはいたのですが、なにぶん古い話なのでネットで検索も難しいらしく 横に置いていたのですが、
古いコンピュータ言語で FORTRAN の 標準装置番号 の話デス

FORTRAN言語をご存知の方であれば周知のコトですが、標準入力がユニット番号=5、標準出力はユニット番号=6 に決まっています。

サッシの良い方は「アレ」と疑問に思われるかもしれませんが、ユニット番号1~4番が現在 欠番 です。

これ実は昔(大型汎用機 時代)は「あった」という話で、現在70歳ぐらいの定年退職なさったプログラマのシトなら確実に知ってなさるコトでもあります。

私も1回聞き覚えがあって、確か1番がCPU=中央処理演算装置(体育館~畳数枚分の大きさ)の動作ランプ。3か4がコンソール画面出力だったような、確かでないような・・・
で、大掃除を理由に(この機会に)確かめるべく 昔のノートを探しまくったですが 捨ててしまったのか行方不明です。

定年退職される年齢の方がネットに書き込みされるかどうかが心配なこともあり なんとも情報の入手が行き止まり状態です。

というわけで、ご存知の方 ネットや情報検索が得意な方
もし分かれば お知らせください

この記事へのコメント